青少年のスポーツ障害を考える

ニュース

青少年のスポーツ障害を考える
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

本来、スポーツは身体と心を健全に保つ効果があるのですが、やりすぎは故障の原因になります。

特に発達途上の青少年(小学生から高校生の少年、少女)が激しいスポーツを継続的にすると、骨が変形したり、靭帯を損傷したりと、場合によっては一生涯付き合わなければならないケガに発展することがあります。

毎年冬になるとその箇所が痛むとか、ちゃんと歩けないとか障害が残るのは避けたいものです。

よく故障の多いスポーツとして挙げられるのは下記のスポーツです。

1.バスケットボール
バスケットボール選手は相手とぶつかり合ったり、ハードな動きを繰り返す。
ジャンプや急停止などを繰り返すことで、膝や足に大きな負担がかかる。

2.剣道
打って出る時に激しく右のカカトを床に打ちつけるため、カカトや膝に負担がかかる。

3.ゴルフ
一方方向にほぼ同じ動きを繰り返すため、腰、首、手首、肘など様々な箇所に負担がかかる。

その他、陸上、野球、サッカーも常連でしょう。

なお、ラグビーやアメフトのように相手と激しくぶつかり合うスポーツは、それ自体が危険で、また別の次元で故障を発生させる。

では、どうすればそれらを回避できるのでしょうか?

①ウォームアップ、クールダウンを入念に行う。
どんなスポーツでもこれが基本です。
日本では、昔からこれらを軽視する
風潮がありますが、最近やっと指導者も理解し始めました。

②正しいフォームを身につける
ケガ防止にはもちろん、上手くなろうとすると当然必要です。

③過度の筋トレをしない
発達段階にある青少年が過度の筋トレを行うと、かえってパフォーマンスを落としたり、将来にも悪影響を残します。

④食事のバランスを保つ
アスリートであればこれも当然ですが、普通はなかなか難しいです。

⑤指導者、親がもっと勉強する
青少年は結局、指導者や親の言うことを聞いて練習するので、上記①から④を行うためにも、教える側が正しい知識を身につけることが必要です。

スポーツは長く、楽しくやりたいものですね。

スポーツ障害になりにくい身体をつくる

障害の予防を担うスタッフ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法