幕を閉じた「ドーナツ戦争 」

ニュース

幕を閉じた「ドーナツ戦争 」
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

ドーナツ戦争終戦

厳しい将来のドーナツ業界

一時コンビニ各社が参入し、激戦となっていたドーナツも、いつの間にか下火となり、今は撤退の話題しかありません。

コンビニではレジ横に専用のケースが置かれたり、パン売り場のスペースを割いてドーナツを並べたり、また価格もドーナツ専門店より少し安くし、お買い得感を出して、コーヒーと一緒に買ってもらおうと販促していました。

これをミスタードーナツのようなドーナツ専門店は、品揃えとまとめ買いによるメリットを打ち出し、ファミリーや若年層の取り込みで迎撃していました。

また、アメリカのクリスピー・クリーム・ドーナツは独自性を打ち出し、高価格帯でも買ってもらえる専門店として、一時行列が絶えないほど人気がありました。

しかし、現状はというと、コンビニでは専用ケースの撤去、陳列スペースの縮小が続いています。

また、ミスタードーナツは、店内調理する店舗を減らし、店舗間で出来上がったドーナツを融通する方式にオペレーションを変えようとしています。

クリスピーはご存知の通り、大量閉店という惨状です。

その原因は何でしょうか?

1. ドーナツそのものがカラダに悪い

残念ながら、いいことは何もない

見るからにカラダに悪そうなドーナツ。あの甘さ、油、小麦と何一つカラダにいいことがありません。

食べられても二個まででしょう。

健康志向の人が増えている現在、これはないでしょう。
逆によくブームになったな、と個人的には思います。

2. 若年人口の減少

メインターゲットの人口が減っている

あの甘いドーナツを食べられるのは、主に若年層とそれを含むファミリーですが、この若年層の人口が減っているので、売り上げを直撃します。

人口減少問題は、ドーナツ業界に限ったことではありませんが、若年層の減少は、特にこの業界には厳しい結果をもたらします。

そして悩ましいのは、いつか改善されるとか、そういう望みがほぼないことです。

つまり、減っていくのを指をくわえて見ているしかないのです。
個人的には、パンと併売し、将来的にはパンの比率を上げていくか、何か健康をコンセプトにしたファーストフード店に転換した方がいいと思います。

これも今は昔

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!