高齢者の交通事故

ニュース

高齢者の交通事故
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

ただただ恐いです

誰か止めてー

ぶつかったことすらわからない?

いつも死と隣り合わせ

高齢者が加害者

被害者ではありません

最近、本当に高齢者が加害者になる交通事故が増えています。

特に、アクセルとブレーキを間違えることから起こる悲惨な事故が多いような気がします。

止まろうとブレーキを踏もうとして、アクセルを踏むのだから、当然前方にいる人に恐ろしい結果が起きるのは分かります。

交通事故による死者は、年々減っているのに、高齢者が引き起こす割合が高くなっています。
すでに半数以上は高齢者によるものです。

難しい問題です

検査強化か?

現在、70〜74歳の高齢者は、免許更新の際高齢者講習を、75歳以上の人は更に認知機能検査を受けなければいけません。

ただ、受けた人の話によると、結構適当だと感じたらしいです。

これは問題ですよね。直接人の命に関わることなので、当然厳しくあるべきです。

しかし、実際にこれで免許を取り上げられたら、公共交通機関が発達してない地方の人はたちまち困ってしまいます。

おそらくその辺りが考慮されているのでしょう。

そして、高齢者の場合その検査の時は大丈夫でも、時間が経つに従いどんどん退化していくわけですから、事故を起こす蓋然性が高くなります。

それこそ毎月でも検査する必要があるくらいです。

ただ現実的にはかなり難しいので、何か案を考えなくてはいけません。

免許買取制度はいかが?

交通費を毎月出してあげたり

結局は免許を返納させて、運転させないことに尽きると思います。

ではどうやって返納させるかですが、以下の方法で返納を促進するのはいかがでしょうか?

1.免許買取制度
自主返納した人の免許を国が買い取る。
これは効果あると思います。どうしようか悩んでいる人の背中を押してあげることになり、一気に返納数が上がるでしょう。

2.交通費支給制度
前述1.と意味は同じで、公共交通機関なりタクシー代の足しにしてねというものです。

結局カネで釣るということです。

3.罰則を強化し、抑止する。
現実的にはこれは厳しいでしょうか。年齢で罰則を変えることは無理です。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう