日本の対戦国「サッカー セネガル代表」は脅威

ニュース

日本の対戦国「サッカー セネガル代表」は脅威
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

セネガルはアフリカにある、といっても、事実上ヨーロッパの国である。

旧宗主国であるフランスで生まれ育った選手も多く、各年代別のフランス代表であった選手もいる。

また、現在もヨーロッパ5大リーグのチームで中心選手として活躍する選手が多く、なんとなくアフリカのチームというだけで勝てる気がするというのは全くの見当違いである。

日本は完全な格下であることを認識し十分な準備が必要だ。

セネガル代表の要注意人物を見ていこう。

出典 http://search.yahoo.co.jp

サディオ・マネ(リバプール)

リバプールで活躍するストライカー

セネガルで最も気をつけなければいけない選手。

CLでのスパルタク・モスクワ戦での強烈なボレーシュートに象徴される技術力と身体能力の高さが魅力的な選手で、日本にはいないタイプのストライカーだ。

プレミアムリーグで揉まれたハードワークも武器になる。

カリドウ・クリバリ(ナポリ)

ビッグクラブが狙う大型DF

身長187cmという大柄な体格でありながらスピードも兼ね備えている
かなり厄介な選手だ。

また、足元の技術も一級品だ。

ビッグクラブが彼をいつも狙っている。

イドリッサ・ゲイエ(エバートン)

大事なポジションを担う

守備的MFという試合の趨勢を決める大事なポジションを担う。

身体は大柄ではないが、一度ボールへコンタクトすれば、狂犬のごとく襲いかかりボール奪取で相手のチャンスを摘み取る。

シェイク・クヤテ(ウェストハム)

攻守にダイナミックな大型MF

恵まれた体格を活かした、パワフルなスタイルが特徴的な潰し屋。

身体能力に恵まれつつ、スマートなディフェンスを見せる知性派タイプで、強烈なフィジカルはないが、体に無理が利く中盤の“テトラポッド”。

ムサ・ソウ(アル・アハリ)

ユースのフランス代表

CFのムサ・ソウもフランス産の注目タレントだ。来年1月で32歳になるベテランで、最盛期は過ぎた感があるものの、リール時代の11-12シーズンには、現A・マドリーのフランス代表ケビン・ガメイロ(当時ロリアン)を抑えてリーグ・アン(フランス1部)得点王に輝いた実績を持つ。また人望があり、現代表ではリーダー的存在だ。

その他

逸材がゴロゴロ

両SBのレギュラー候補2人も、やはりフランス出身である。右SBのラミーヌ・ガサマは欧州屈指の育成の名門、リヨンで育てられた28歳。エネルギッシュにライン際を上下動する攻守兼備の好タレントだ。

 一方、左SBのユースフ・サバリはパリSGの育成センター出身。U-17、U-18、U-19、U-20と、各年代のフランス代表に名を連ねてきたエリートで、現在は古豪ボルドーに籍を置く。

日本が勝てるとしたら

タレント揃いのセネガルに日本が勝てるとしたら、セネガルの自滅だろう。

アフリカのチームの特徴として、個々の選手の能力は高くても、それぞれがバラバラで組織として戦えないことがある、ということが挙げられる。

1点を取られたら一気に崩壊する可能性もある。

しかし、当然だが相手もアフリカ予選を勝ち抜いてきたわけだから、そこに期待すべきでない。

セネガル代表はフランス代表なのだ。

サディオ・マネ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録